世界的ヒット作「アバター」を見てみた

今朝の雪は粒が大きくて立派でした。手のひらに落ちてくる雪をよく見ると結晶の形が確認できる程。
改めて、雪の結晶の精緻さに驚かされました。不器用な自分が作ったらこうはならないだろうなと。
でも、我ままを言わせて貰えばペットシッター中は止んでで欲しいです。

 

さて、日曜日に話題のアバターを豊島園のユナイテッドシネマで見てきました。
映画好きですが、普段は和洋問わず大作は見ないので、そんな捻くれた態度はマズイと、知人が誘ってくれ、観覧の運びとなりました。
実は今回が初シネコン。ロビーのだった広さとロビーの一杯に広がる甘い匂いが印象的でした。非3D、レイトショーの為か、入りはイマイチ。

 

感想はといえば、初めの十数分は普通に映像と音響に引き込まれてしまいました。ヤバイ。楽しいかもと焦ったのですが、主人公・ジェイクとヒロイン・ネイティリの出会いのシーン以降から紗に構えて見だして、最後までそのままに。
やっぱ三時間は長い。観客を飽きさせないためなのでしょうが、色んなことをしすぎて掘り下げ不足の印象を受けました。もう少し丁寧に作って欲しい所です。まあ、アラを見つけて楽しむという意味では最適な映画とも言えますが。大佐のキャラクターの立ち方は凄かったですから。
映像は普通に気持ちよかったです。

 

まとめ

  • やっぱ大作はパスかな。
  • なんで、アレだけ強い大佐がパンドラ初日で大怪我を負ったの?ベネズエラの方が大変じゃない?
  • シネコンは甘いにおいがする。

以上

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。



トラックバック

トラックバックURL:

http://dog-walker.co.jp/blog/151/trackback

2010.02.18