ライトなれど軽薄ではなし―「猫とともに去りぬ」

かなり久し振りに小説を取り上げます。
「猫とともに去りぬ」 ロダーリ作 関口英子訳

 

イタリアの児童文学者ジャンニ・ロダーリの作品で、光文社の古典新訳文庫からの出版です。
肩のこらない短編集ですので、気が向いたときに手にとって一、二編読んで気分転換するのにピッタリ。天気の良い日にコーヒーか紅茶でも飲みながら。

 

表題作の「猫とともに去りぬ」は、邪険な扱いにすねたお爺ちゃんが猫になって家族のもとを去り、ローマの町の野良猫になるというお話です。
お爺ちゃんは気ままな野良猫生活を続けるのか、はたまた家族のもとに戻るのか・・・・
イタリア人なので?舞台は殆どイタリアです。ヴェネチアが水没してしまう話やピサの斜塔が宇宙人に盗まれそうになる話もあります。
また、ロダーリさんが共産党員であった為、マンブレティ氏という栓抜き工場の社長は強欲で冷血な資本家として度々登場してはひどい目にあわされます。
数少ない髪の毛が抜けそうになったり、体中に絆創膏を張らなきゃいけないハメに(笑)自業自得なのですが。

 

優れた児童文学作家には得てして、大人もハッとさせれるものですが、本書でも度々そんな場面に出くわしました。
超能力を持った赤ちゃんが周りの人間にスポイルされて、自ら平凡な人間になったことを喜ぶ 「カルちゃん、カルロちゃん、カルちゃん」は何だかぞっとする読み味。

 

最近、映画や小説から遠ざかったいたのですが、こうやってブログに感想を書くのは楽しいものですね。
今後もペースを上げて取り上げたいと思います!

 

ペットシッター的には猫絡みのお話を最後に一つ。
訳者関口英子さんのあとがきによるとロダーリさんは父親を9歳の時に亡くしており、その死因は肺炎。嵐の中、子猫を助ける為にずぶ濡れになったためだそうです。
そのための父の死と結びついた猫を作中に度々取り上げているそうです。
そう聞くとお爺ちゃんが猫に化けてしまう「猫とともに去りぬ」も違った感慨が沸いてきます。

 

4334751075 猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
ジャンニ ロダーリ 関口 英子
光文社 2006-09-07

by G-Tools

2011.04.21  コメント(0)  

いつの間にやら「包む-日本の伝統パッケージ展」

だいぶ前なのですが、東京都庭園美術館の「タイポグラフィ」展(3月27日終了)に行ってきました。

 

美術館についたのがちょうど昼時。まずはご飯だと美術館に併設されている「cafe 茶洒 kanetanaka」でお食事。
牡蠣の炊き込みご飯と坦々麺を注文。共に少量なのでペロリと食べ終わる。
さて、腹ごしらえも終わったので展示・・・ではなく隣にあるミュージアムショップへ。
メインディッシュの前にデザートってカンジですが、隣なので。
そこで見つけたのがこれ↓

 

 

左端にペンを置いたので如何に大きいかお分かり頂けるかと。特大と大しか売ってなかったので、迷わず特大を購入。
マトリョーシカのお札って存在がシュール過ぎて笑えました。
どんなご利益が?何処に張ればいいの?
大体、何ゆえ特大と大?普通は大中小でしょ?売り切れちゃっただけかも知れないけど。って事は特大大中小?それはそれでバリエーション有り過ぎ(笑)
しかも家に帰って1枚だと思って取り出したら5枚有るし(笑)
いやー素晴らしい!デザインカワイイし。いい買い物した。フォローじゃないですよ(笑)。ホントに。

 

思わぬ所で大盛り上がりして、やっと美術館に。
庭園美術館は初めてなんですが、展示内容もさることながら、内装は藤森照信がキレイだって言ってたし、しかも庭園も有ってお誂え向きなことに晴天。とテンションが上がってチケット売り場に。

 

ん?んん?あれ?今日休み?水曜日なのに。え?毎月第2・第4水曜日は休み?あーそうですか。 月曜日が休館日じゃないんですか。
えーーーわざわざ目黒まで来たのに?せっかく晴れてるのに?(庭園も入れない)

 

ここで帰ったらマトリョーシカのお札(特大)買いに来ただけになってしまう・・・気を取り直して近くになんかないかと調べてみると・・・
有りました。有りましたよ。目黒区美術館「包む-日本の伝統パッケージ展」(5月22日まで)が。
じゃあじゃあと目黒区美術館に早速移動。徒歩15分位で着いたでしょうか。
さて、「包む-日本の伝統パッケージ展」と言っても何が何だか分からないですよね。
それでは、目黒区美術館のサイトからのコピペをどうぞ(笑)。

 

-岡秀行氏(1905-1995、グラフィック・デザイナー)から目黒区美術館が譲り受けた「日本の伝統パッケージ」コレクションを紹介します。
岡氏は写真集『日本の伝統パッケージ』『包 TSUTSUMU』などを著すとともに、1970~80年代にかけて、展覧会「TSUTSUMU」として、そのコレクションを世界20数カ国・100カ所以上で紹介し、高い評価を受けました。
本展ではわが国の自然と風土を生かした素材で作られ、生活の知恵と機能美が加わったシンプルな美しさを持つパッケージ(包装・容器)の数々を、岡氏の視点を交えながら展覧します。-

 

ようするに和菓子や漬物の容器や清酒の瓶等が展示されている訳です。七味唐辛子が入った小さい壷が特に可愛かった。
展示物の大半が現代の食べ物関係だったので、デパートの物産展的な風合い。「美味しそう。ふーん。京都の食べ物かー」みたいな。
手拭いも有るかなと思ってたんですけど無し。パッケージとは違いますからね。
擬似物産展(笑)とは別フロアに展示されていた、いくつかの卵を縄でなって吊るしたものは感慨深かったです。
昔はこうやって保存したのでしょう。卵を保存する為だけにわざわざ縄をなっていたとは。それが今やプラケースに冷蔵庫ですから。
他には展示物を3Dにして見るなんてコーナーも有りまして。実物がそこかしこで見られるのになんでわざわざ3Dにしなくてはいけないのか全く分からないのですが、ソコが面白くて専用の眼鏡をかけて拝見しました。

 

ここに展示されているものはそもそも岡さん一人の美意識から始まったと思うと凄いですよね。
誰も美しくとは思わず、気にも止めていなかったものを集め、体系立て、そして他の人に魅力を伝えていったのですから。
大変だったでしょうけど、とてもエキサイティングだったでは?パイオニアとして未踏の境地を歩いたのですから。

 

庭園美術館が休館日だったからこそ出会えた「包む-日本の伝統パッケージ展」楽しかった。何がどう転ぶか。不思議なものです。
そうそう美術館には(カフェではなく)喫茶店が併設されているのですが、そこで食べたマドレーヌ(下目黒福祉工房作)とクッキー(忘れてしまいました。福祉施設作だった筈です)はとても美味しかったです。お安いですし、目黒区美術館にお立ち寄りの際には是非!

 

追伸 「タイポグラフィ」展は最終日3月27日に仕切り直して行ってきました。が、大混雑で落ち着いてみれませんでした。縁が無かったんでしょうね。

2011.04.14  コメント(0)  

石神井新聞に掲載して頂きました。

地域密着ポータルサイト石神井新聞さんに弊社をご紹介していただく事になりました。

地域密着いうだけにお邪魔した事があるお店もチラホラと。
こちらを見て頂いて弊社も石神井も元気に振興していくといいなぁと思っています。

どうぞご覧下さい。

2011.04.13  コメント(0)