大人と子供―「うんちしたのはだれよ!」

いきなりですが、大人と子供に違いってあるのでしょうか?大人、子供と呼ぶよりは、若い子供と年を取った子供と分けるのが妥当な気がします。

 

何故、こんな事を言い出すかといえば「うんちしたのはだれよ!」を読んでいる時の私の反応があまりに小学生じみていたからです。
男子小学生、汚い言葉が好きですよね。うんちとか。でも大人になればうんちごときで喜ぶはずが有りませんよね。そう。喜ぶはずがありませんとも。・・・・・喜んでしまうんですよね。20ページ中17ページにうんちが描かれているうんち満載の「うんちしたのはだれよ!」を読むと。

 

〔あらすじ〕 ある日 地面から顔を出したもぐらくんの頭の上にうんちが落ちてきました。失礼な行為に怒ったもぐらくんは様々な動物の元を訊ねて犯人を捜そうとします。頭にうんちをのせたまま・・・

 

大人と子供の狭間で揺れている青少年の皆さんは、この絵本を読んでみるといいかもしれません。この絵本を楽しめるか楽しめないが大人と子供の踏み絵になるに違いありません。

 

ウソですが。

 

4039611306 うんち したのは だれよ!
ヴェルナー ホルツヴァルト ヴォルフ エールブルッフ
偕成社 1993-11

by G-Tools

コメント

トラックバック

トラックバックURL:

https://dog-walker.co.jp/blog/142/trackback

2008.06.03