モノ>思い出じゃなくて、モノ=思い出―「僕の大事なコレクション」

今回、とりあげるのは部屋中をコレクションで一杯にして寝る場所が無くなったり、家族の理解を得られず肩身の狭い思いしているコレクター達を強烈に援護射撃する映画「僕の大事なコレクション」です。モチロン、ワンちゃんも登場します。その名もサミーディヴスJrJr。 Candy Man~♪
コレクションとは無機質なモノを集める行為ではありません。コレクターはそのモノが辿って来た歴史、込められた想いや思い出を集めているのです。コレクションが如何にロマンチックであるかをこの映画は教えてくれます。

 

あらすじ アメリカ在住のユダヤ系アメリカ人の主人公(イライジャ・ウッド)は家族にまつわるアイテムを集める変なコレクター。兄の使用済みコンドームとか。祖母の入れ歯とか。
そんな主人公が祖父の生まれ育ったウクライナにルーツ探しへと。旅のお供は現地ガイドのアメリカ好きの若者(ユージン・ハッツ)にユダヤ人嫌いの祖父。祖父は車の運転が出来る盲人。つまり目が見えないのは嘘。それと人に吠えかかる盲導犬のワンちゃん。

 

一見するとよくある自分探しのロードムービー。前半はコメディタッチも途中から主人公と若者のルーツ、祖父の過去が絡み合いシリアスな展開へと話は進みます。
今作がデビュー作の監督は手際よくストーリーのトーンを変えて行きます。イライジャ・ウッドのルーツ探しがいつの間にやらユージンのルーツへと及ぶ様はお見事。
またキャステンィグも絶妙で、ナードな役柄が嵌っているイライジャも良かったのですが、アメリカ好きの若者を演じたユージンはイライジャを喰う勢いでした。この人、本職はミージシャンだそうですが、生意気だけど心優しく、間抜けが故に時に鋭い発言をする若者を好演していました。そうそう劇中に流れるジプシー風音楽も軽快で特に前半の雰囲気とマッチしていました。
何より印象に残ったのはひまわり畑のシーン。緩やかな風に揺れるひまわり畑の黄色が鮮やかで鮮やかで。
でも鮮やかなのにどこかさびしいのは、トラキムブロドという名の村で起きた惨劇によって流れた血と亡くなった村人の想いによって作られた黄色だからなのでしょうね。
村人達の遺品がひまわりの下に(実際には埋まっていないのですが)埋まっているかのようなイメージを受けました。

 

前半の明るいテンションをもっと維持してくれても・・・と思ったら、DVDの未公開シーンにはハイテンションなシーンが沢山入っていました。サミーディヴスJrJrも本編よりも活躍していました。サミーディヴスJrJrは凶暴な面を持ったキャラクターですが、実際のワンちゃんはとてもお利口で頑張って演技しているのが伝わって来ました。
一つ一つの未公開シーンは面白いのですが、全部採用すると長くなるし、作品の雰囲気も変わってしまいそうです。この辺りの塩梅は難しいのでしょうね。

 

B000HEWJEE 僕の大事なコレクション 特別版 [DVD]
リーブ・シュライバー
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-11-03

by G-Tools

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。



トラックバック

トラックバックURL:

https://dog-walker.co.jp/blog/159/trackback

2008.10.04