入学式並みの嬉しさと誇らしさ

昨日は小学校の入学式だったようで、入学式帰りの親子を沢山見かけました。
あの小さい正装した子供達はこれからの小学校生活6年間で色々な経験を積むのだろうなぁと羨ましくもあり、もうあんな大変な目に合わなくてもいいのかと、ホッとする気持ちも沸いてきました。
大変といってもプールが嫌だとか、合唱コンクールが面倒くさいとか、今思い返してみるとミクロな話ですが、当人は必死でした。
「入学」、「卒業」、「学級会」に「掃除の時間」、どの単語とも無縁になって久しいですが、常に一年生のようなフレッシュさと6年生のよう落ち着きを持って仕事に望みたいと決意を新たにしました。(え!まだ小学校生?という気もしますが、まあペットシッターはある意味、生き物係ですし・・・)

 

仕事のご依頼をお受けすると、毎回ありがたい事だと嬉しく思いますが、特に新規のお客様がリピーターになってくださると、とても嬉しいです。こちらが提供したサービスにご満足して頂けたのだなと。
先日、とあるお客様から2回目のご依頼を頂きました。そのお客様から以前ご依頼を頂いたのは、5年も前の事で、もうご依頼を頂けないかと思っていたので嬉しさも格別でした。
このような入学式にも負けないような嬉しさと誇らしさをお客様やペットより頂けるのが、ペットシッターをしていて良かったなと思える瞬間です。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。



トラックバック

トラックバックURL:

https://dog-walker.co.jp/blog/307/trackback

2009.04.07